ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 「えひめ南予きずな博」開幕です!(令和4年4月25日更新)
プロフィール
町政徒然草(町政のコラム)※毎週更新中!!

「えひめ南予きずな博」開幕です!(令和4年4月25日更新)

印刷用ページを表示する更新日:2022年4月25日更新

​ いよいよ「えひめ南予きずな博」が開幕を迎え、先日、オープニングイベントである「きずなサミット」が、宇和島市の南予文化会館で開催されました。サミットの壇上で、南予9市町の首長がひとりずつ決意表明をすることになり、私は「この森で遊び、この森で学びましょう。森の国・松野町です!」という少々意味不明な宣誓をしました。これは、初代松野町長の岡田倉太郎さんが、半世紀以上も前に国立公園滑床渓谷で観光事業を開始するにあたり記した言葉「この森に遊び、この森に学びて、あめつちの心に近づかん」から引用したのですが、気づかれた人はきっと少なかったでしょうね。(泣)
 まぁ、これから季節も快適になるし、この「きずな博」をきっかけに、ぜひ松野町にお越しください。

 この「きずな博」は、平成30年7月の西日本豪雨災害で大きな被害を受けた南予地域が、力強く復旧復興に取り組んでいる姿を発信するとともに、ご支援やご協力をいただいた皆さまに感謝を伝えることを目的としています。
 新型コロナウイルス感染症の拡大により、当初の計画より1年遅れての開催となりましたが、その間、コロナによって人々の価値観が大きく変化し、生活や仕事の場を地方に求める動きが著しくになるなど、新しい生活様式が生まれています。
 「きずな博」では、こうした流れを受け止めて、約250もの多彩なイベントを開催して南予地域の魅力を発信し、県内外の皆さまとしっかりと絆を結んで、最終的には移住の促進など地域の活性化につなげていきたいと思っています。

 松野町でも、国立公園滑床渓谷でのキャニオニング(滝滑り)やツリークライミング(ロープ木登り)などのアクティビティや、南予の食材を活用した日本BBQ協会公認のバーベキュー大会など、楽しいイベントを多数予定しています。
 どうぞ皆さま、コロナ感染に十分注意しながらも、少しずつ穏やかでにぎやかな日常生活を取り戻し、社会経済活動を再開していきましょう。

きずな博サミット 

きずな博オープニングイベント「きずなサミット」

公務の記録 =4月18日(月曜日)~4月24日(日曜日)=

〇 4月18日(月曜日)

新型コロナウイルス感染症対策本部会議に出席

予土県境地域連携実行委員会に出席

〇 4月19日(火曜日)

井上高知県副知事・中平四万十市長ほかと意見交換

愛媛マンダリンパイレーツ関係者と意見交換

〇 4月20日(水曜日)

自主防災会への森の国トーチ贈呈式に出席

区長会に出席

虹の森公園職員研修会に出席

〇 4月21日(木曜日)

新幹線導入促進期成同盟会総会に出席

〇 4月23日(土曜日)

葬儀に参列

〇 4月24日(日曜日)

きずな博オープニングイベント「きずなサミット」に出席​