ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 防災安全課 > 避難情報の改正について

避難情報の改正について

印刷用ページを表示する更新日:2021年5月20日更新

災害対策基本法の改正により、警戒レベル等の内容が一部変更され、令和3年5月20日から施行されます。

分かりにくさを解消する目的から、警戒レベル4は「避難指示」に一本化され、警戒レベル「3」の「避難準備・高齢者等避難開始」についても、同じ理由から、「高齢者等避難」に名称を変更しました。また、警戒レベル「5」で発令していた「災害発生情報」は、実際には発令できないことが多く有効に機能していないとして、「緊急安全確保」に名称を変更し、警戒レベル「4」までに避難を促せるよう改善されました。

避難情報改正

※ 身の危険を感じたときは、警戒レベルに関わらず速やかに避難してください。また、ゲリラ豪雨や地震など、突発的な災害時には必ずしも段階的に発令されるとは限りません。上記の警戒レベルを基準に、防災行政無線やテレビのデータ放送等で防災情報を確認し、早めの行動を心がけましょう。

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。