ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 不妊治療費の助成について

不妊治療費の助成について

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月17日更新

不妊治療費助成事業を始めました。

不妊治療のうち、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)と、人工授精による一般不妊治療に対して、治療に要した費用の一部を助成する事業を行っております。
平成28年4月1日以降に受けた治療が対象となります。
詳しくはこちらから【松野町不妊治療費助成事業のご案内】 [PDFファイル/99KB]

対象となる方

次のすべての要件を満たす方
(1)戸籍上の夫婦である方
(2)夫婦またはどちらか一方が松野町に住民登録のある方
(3)町税を滞納していない方
(4)医療保険法各法における被保険者または被扶養者の方
(5)医師の診断により、不妊治療を行った方
(6)治療開始時点において、妻の年齢が43歳未満の方

助成の内容

対象となる治療

  • 特定不妊治療:体外受精、顕微授精の治療に要した費用
  • 一般不妊治療:人工授精の治療に要した費用

助成額

  • 特定不妊治療:1年度につき20万円まで
  • 一般不妊治療:1年度につき10万円まで

申請について

書類は、松野町保健福祉課(松野町保健センター内)にあります。また、松野町ホームページからも入手できます。
申請の際、必要書類のほか印鑑、振込先口座のわかるもの(通帳等)をお持ちください。
申請書、証明書の用紙(PDFファイル)は、下記項目をクリックするとダウンロードできます。

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)