ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 > 「愛媛県松野町・英領バージン諸島 ホストタウン フレーム切手」の販売が開始されます!

「愛媛県松野町・英領バージン諸島 ホストタウン フレーム切手」の販売が開始されます!

印刷用ページを表示する更新日:2021年3月17日更新

 今年はいよいよ東京2020オリンピックが開催されます。昨年はオリンピック開催を契機として、スポーツの振興、グローバル化の推進、観光振興等の観点から、オリンピックへ参加する国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流、地域活性化を図るため、中米のイギリス領バージン諸島と「ホストタウン」の実施について合意調印したところです。

 交流の一環として、それぞれが誇る風景などを集めた切手を作成しました。

1

 イギリス領バージン諸島からは、洋上でのセーリング(帆走)、伝統衣装、バージン・ゴルダ島の風景、そして、オリンピック男子400mハードル出場予定のKyron MacMaster(カイロン マクマスター)選手の姿もあります。本町は、国指定史跡河後森城跡本郭から見える風景、滑床渓谷でのキャニオニングと「日本の滝100選」に選ばれた雪輪の滝、松丸街道の絵画を題材としました。

イギリス領バージン諸島は海に囲まれた国、本町は山に囲まれた地域です。海と山の美しい風景のコラボレーションをお楽しみください。

 なお、この切手は3月24日(水曜日)から下記の郵便局で販売されます。限定600シートとなりますので、お早めにお買い求めください。【シート構成:84円×5枚、1シート920円(税込み)】

・愛媛県の全郵便局

徳島中央郵便局、高松中央郵便局、高知中央郵便局

・東京中央郵便局、大手町郵便局

※計321局、一部の簡易郵便局は除きます。

 また、フレーム切手販売開始日と同日には、本町にて贈呈式が予定されています。

 町では、東京2020オリンピックの開催前から終了後も、イギリス領バージン諸島の皆さんと交流を深め、開催中の応援をはじめ、町内の子どもたちへのスポーツ教育、文化の交流に努め、特に今年度再開した「滑床イングリッシュキャンプ」や英語教育への参加を目指し、活動していきます。