トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 介護予防・日常生活支援総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月23日更新
 平成29年4月から、要支援者が利用する介護予防給付サービスのうち、「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」は、全国一律の基準に基づくサービスから、市町村が基準を設けて実施する「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行されました。

対象者

対象者は、要支援1·2の方および基本チェックリストによる該当者です。
現在介護予防訪問介護及び介護予防通所介護サービスを利用されている要支援者については、平成29年4月1日に一斉に介護予防・日常生活支援総合事業のサービスに移行しました。(サービスの内容に変更はありません)

内容

 ○介護予防訪問介護相当サービス
 ○介護予防通所介護相当サービス
 サービスの内容については、現行の「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」同様のサービスです。

みなし指定終了に伴う更新手続き

 平成27年3月31日以前に指定を受けた介護予防訪問介護事業所と介護予防通所介護事業所については、総合事業の指定があったものとみなす「みなし指定事業所」とされています。みなし指定事業所の指定有効期間は平成30年3月31日までです。その期間の経過によって指定の効力を失うこととなりますので、各事業所において更新申請を行ってください。

※松野町内の事業所が町外の方にも総合事業サービスを提供する場合は、利用者が住所をおく市町の指定が必要です。(申請方法等については該当市町にお問い合わせください。)

提出期限:平成30年2月28日

事業所向け資料

要綱

事業所指定申請関係書類

事業者指定申請添付書類(参考資料のため、任意の様式でも構いません)

加算届出関係書類

サービスコード表

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。