トップページ > 組織でさがす > 建設環境課 > 危険空き家の除却費用の一部補助について

危険空き家の除却費用の一部補助について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月10日更新

危険な空き家の除却費用を一部補助します

安全・安心な住環境づくりを促進するため、老朽化した危険な空き家住居の除却を行う方に対し、除却費の一部(最大80万円)を補助します。

1.対象建築物

 次の(1)から(5)の要件をすべて満たす建築物が対象建築物となります。

   (1) 松野町内にあること

   (2) 居住の用に供する建築物であって、使用している者がいない空き家住宅であること

   (3) 構造の腐朽又は破損が著しく、危険性が大きいもの

   (4) 建物が2戸以上立ち並んでいる道路の沿道にあること

   (5) 倒壊すれば前面の道路を塞ぎ、避難等に支障をきたす恐れがあるもの

 

2.対象者

 次の(1)から(3)のいずれかに該当する方が対象となります。ただし、(1)から(3)に該当する方であっても、町税等の滞納のある方や、他の権利者(抵当権設定者など)からの同意の得られない方は対象となりません。

   (1) 登記簿(未登記の場合は固定資産関係資料)上の所有者

   (2) (1)の相続人

   (3) (1)または(2)の方から、対象建築物の除却についての委任を受けた方

 

3.対象工事

  次の(1)から(3)をすべて満たす工事が対象工事となります。

   (1) 公共工事による移転、建替えその他の補償の対象となっていないこと

   (2) 建築物のすべてを除却する除却工事であること

   (3) 他の制度等により補助金の交付を受けない除却工事であること

 

4.補助対象経費

 建築物の除却工事費が補助の対象となります。消費税及び建物内の家財道具等の処分費用、撤去後の整備(舗装工事等)などにかかる費用は、補助の対象ではありません。

 

5.補助金の額

 補助金の額は、次の(1)又は(2)のいずれか少ない額となります。(補助上限額:80万円)

   (1) 補助対象経費の10分の8

   (2) 国土交通省が定める標準建設費の除却工事費の10分の8(毎年変動あり)

 

6.募集戸数

   2 戸  ※ 応募多数の場合は、審査により緊急度の高いところから補助を行います。

   募集締切:平成29年9月29日(金曜日)〔応募多数の場合、締切りを早める場合があります。〕

7.その他

   (1) 補助を受けるためには、町へ事前に申し出て、危険空き家の確認を受ける必要があります。

     なお、要件を満たさない場合は補助の対象となりません。

   (2) 交付決定を受ける前に、工事の契約又は着手された場合は本補助金の対象となりません。

   (3) 住宅を滅失することにより、住宅用地の特例が適用されなくなり、翌年から土地の税額が

     増加する場合があります。詳しくは、町民課固定資産税係までお尋ねください。

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。