ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > ふるさと創生課 > 定住促進奨励措置制度の延長について

定住促進奨励措置制度の延長について

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月11日更新

定住促進奨励措置制度の延長について

 町では、松野町定住促進条例に基づき、定住促進に取り組んできましたが、引き続き平成31年度以降も定住を促進させるため、奨励措置の期限を平成37年3月31日まで延長いたしました。
 なお、奨励措置の期限延長に伴い、申請手続等を一部変更しておりますので、申請を希望する方は、期限内に申請手続を行っていただくようお願いします。
 申請手続の詳細につきましては、ふるさと創生課へお問い合わせください。
 また、定住住宅建築奨励金は、今回の改正により、申請前に事前協議が必要となりましたので、事前協議が完了していない場合は、奨励措置の対象とならないので、御注意ください。

定住住宅建築奨励金

【定住住宅建築奨励金】
奨励金の額
1,000,000円
資格要件
1 松野町の住民として永住し、または10年以上にわたって居住する意思を持つ者で、町外から本町に生活の拠点を移して定住し、転入後3年以内に住宅を新築(新築住宅を購入)するものであること。ただし、本町転出後、1年以内に再転入した者を除く。
2 松野町の住民として永住し、または10年以上にわたって居住する意思を持つ者で、町外から本町に生活の拠点を移して定住するため、町内に住宅を新築(新築住宅を購入)するものであること。ただし、本町転出後、1年以内に再転入する者を除く。
3 松野町の住民として永住し、または10年以上にわたって居住する意思を持つ満年齢40歳未満の者で、夫婦または子どもを養育している2人以上の世帯の世帯主であること。
4 上記1~3のいずれかに該当する申請者及びその同一世帯員において、町税等の滞納がないこと。
なお、申請者及びその同一世帯員のうち、松野町において課税実績がない者にあっては、申請日の属する年の前年の納税義務を履行していること。
5 奨励金の対象となる住宅は、自ら所有し、かつ、居住の用に供する住宅で、玄関、居住室、台所、便所、浴室等の住宅部分の面積が66平方メートル以上であるものとする。ただし、住宅に共有者がある場合は、対象となる者の持分が全体の2分の1以上または66平方メートル以上である住宅とする。
事前協議時期
住宅新築工事請負契約締結日から1箇月以内または新築住宅購入申込日以前の1箇月間

結婚祝金

結婚祝金の額
100,000円
資格要件
1 松野町の住民として永住し、または10年以上にわたって居住する意思を持つ者が、民法(明治29年法律第89号)第739条による結婚の届出をし、その後3箇月以内に夫婦ともに町内に生活基盤を置き、かつ、住民基本台帳に記録された場合
2 申請者及びその同一世帯員において、町税等の滞納がないこと。
なお、申請者及びその同一世帯員のうち、松野町において課税実績がない者にあっては、申請日の属する年の前年の納税義務を履行していること。
申請時期
結婚の届出が受理され、夫婦ともに住民基本台帳に記録された日から3箇月以内

出産祝金

出産祝金の額
第1子・第2子 100,000円、第3子 500,000円、
第4子 700,000円、第5子以上1,000,000円
資格要件
1 松野町の住民として永住し、または10年以上にわたって居住する意思を持ち、町内に生活基盤を置き、かつ、住民基本台帳に記録された者が、子を出産し出生の届出をした場合
2 申請者及び同一世帯員において、町税等の滞納がないこと。
なお、申請者及びその同一世帯員のうち、松野町において課税実績がない者にあっては、申請日の属する年の前年の納税義務を履行していること。
申請時期
出産し出生の届出をした日から3箇月以内

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)