天ヶ滝公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月23日更新

「天ヶ滝」は、奥野川渓谷の上流部あり、高さ30メートルの滝壁に、戸祇御前山から流れ出る清流が瀑布となって落ち、雄壮な景観を呈しています。また、その脇には高さ9メートルと小さいながらも華麗で優美な「姫滝」が寄り添い、「天ヶ滝」下の植林地には、町指定天然記念物の「日本橘」が繁茂しています。

天ヶ滝 水車

日本蜜柑の木 日本橘

「天ヶ滝」には、さまざまな伝説があり、とても神秘的で心いやされる空間です。

天ヶ滝の蛇伝説

むかし、奥野川の「天ヶ滝」の近くに、百姓夫婦と一人の娘が住んでおりました。

娘は名を「お小夜(さよ)」といい、大変美しい年ごろの娘でした。

ある日、娘が「天ヶ滝」の下流へ洗濯に行った日の夜中、一人の若者が「お小夜」のもとをおとずれ、それから毎夜のごとく通ってきました。

若者はみめ麗しく瑞々しい若者でしたが、どこの誰とも名乗りませんでした。

娘の母親は心配して

「どこのどなたか名前を聞け。」

と申しましたので、「お小夜」は名を聞きましたが、それでも若者は名を言いませんでした。

母親はこれをあやしんで、ある夜若者がくると、若者の着物にこっそりと縫針を一本さしておきました。

翌朝、若者の帰り道を糸をたよりにつけてみると、「天ヶ滝」の滝壺に、大蛇が真赤になって死んでいました。 

天ケ滝天ケ滝 天ケ滝 姫滝天ケ滝姫滝

銚子滝の話 

天ヶ滝は、むかし、滝口に銚子(ちょうし)の形をした岩があり、その銚子口から水が落ち、大変珍しい美しい滝でした。

領主である吉田藩の殿様は、この滝のことを聞き、行列を従えて御覧に、お成りになりました。村人たちは、仕事をやめて、お殿様をお迎えしました。

滝を御覧になったお殿様は、「これは珍しい美しい滝じゃ」と大変気に入られ、それから、たびたび滝見物にお成りになるようになりました。

ところが、困ったのは百姓でした。

お殿様のお成りになるたびに仕事を休み、土下座をしてこれを迎えねばならず、それが大変迷惑でした。百姓たちが困っておりますと、一人の男が、「よし、俺が、お殿様が、お出にならぬようにする」と言って、滝口の銚子岩をゲンノウで叩き割りました。

ところが、お殿様は「景観がよくなった。」と、益々喜んで、お出になったといいます。

360°パノラマビュー

天ヶ滝 姫滝

360°パノラマビューは、自分を中心とした視点で実際にその場所に行ったような風景をご覧いただくことができるコンテンツです。ご覧になるには、「Adobe」社の「Adobe Flash Player」をインストールする必要があります。インストールされていない方は「Adobe Flash Player」をインストールしてご覧ください。

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。