トップページ > 組織でさがす > 教育課 > 敷絵図特別公開・修理成果報告会の開催について

敷絵図特別公開・修理成果報告会の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月6日更新

敷絵図特別公開・修理成果報告会を開催しました。

         

 報告会では、修理を担当した「国宝修理装こう師連盟」九州支部の技師から修理の内容や工程について説明がありました。また、会場には修理作業で使う糊やハケなども展示され、参加者の皆さんは熱心に見入っていました。

修理工程の説明  修理道具の展示

 4月27日、目黒基幹集落センターで目黒山形関係資料 敷絵図の特別公開と修理成果報告会を開催しました。

 国の重要文化財として指定を受けている「目黒山形関係資料」。その中の敷絵図が今回九州国立博物館(福岡県)での2年間の修理を終えて、目黒ふるさと館に返却されました。

 敷絵図の本格的な修理は今回がはじめてで、これまで貼られていた補修紙や長年の汚れが取られ、無数にあった折れや皺も修復することができました。

特別公開のようす    

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。