ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 教育課 > 大島青松園訪問(あおぞら子ども会活動報告)

大島青松園訪問(あおぞら子ども会活動報告)

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月31日更新

 7月30日(火曜日)、あおぞら子ども会他25名で香川県高松市のハンセン病療養所である「大島青松園」を訪問しました。

 あおぞら子ども会では、毎年大島青松園を訪問し、入所者の方との交流を深めています。そして、大島青松園には松野町出身の歌人、政石蒙さんが入所されていました。

 訪問に先立ち、あおぞら子ども会では、ハンセン病を正しく理解するため学習を重ね、今回も交流のある方ともご挨拶を交わすことができました。

 今年は、「瀬戸内国際芸術祭2019」が開催され、政石さんを通じて交流のある芸術家山川冬樹さんの作品も大島で展示されていることから、山川さん自身による作品に込められた思いを伝えていただくことも目的の一つです。そして、当日大島で芸術祭の案内ボランティアで参加されていた増田さんは、山川さんの作品を通して政石さんを知るため、松野町にも足を運んでいただいています。

 大島青松園での学習を通じて多くの方とつながり、この輪はさらに広がっていきます。あおぞら子ども会では、今後もハンセン病問題を学習して、正しく理解し、広めていきます。

 

大島の玄関口                    納骨堂での献花・お参り

1 2

 

「風の舞」にて                     山川さんによる作品に込めた思い

3 4

 

山川さんの作品鑑賞「歩みきたりて」       山川さん・増田さんとの記念写真

5 6

 

 

  

※「用語解説」に表示されるリンクは「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。