ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症

愛媛県「感染警戒期」への切り替えについて

印刷用ページを表示する更新日:2022年11月1日更新

感染警戒期への切り替えについて​

感染警戒期への切り替えについて

 県内の感染状況の減少を踏まえ、県の警戒レベルが10月29日(土曜日)から、「感染警戒期」に切り替えられました。ただし、最近急増している新居浜、西城圏域では「特別警戒期間」が維持されます。

 今回の切り替えも、決して「基本的感染対策を緩めてもよい」というものではなく、専門家からも季節性インフルエンザとの同時流行も含め第8波への警戒が呼びかけられている状況です。

 今後も県民の命が脅かされる感染状況や医療のひっ迫が危惧される状態に至れば、「特別警戒期間」に引き上げられる可能性もありますので、引き続き感染対策に取り組んでいただきますようお願いいたします。

 詳しい内容につきましては次の文書をご覧ください。

01_県民・県内事業者へのお手紙(感染警戒期(新居浜・西条圏域は特別警戒期間))(R4.10.28) [PDFファイル/476KB]

 

02_【資料】感染警戒期(新居浜・西条圏域は特別警戒期間)_041029~ [PDFファイル/1.69MB]

 


 

【愛媛県ホームページ】

新型コロナウイルスに関する情報<外部リンク>

【松野町コロナワクチン接種について】

オミクロン株対応2価ワクチンのお知らせについて​

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)