トップページ > 河後森城のページ

城のかたち

 河後森城跡(かごもりじょうあと)は、平成9年9月11日に国の史跡指定を受けた中世の山城です。

 四万十川の支流広見川、その支流の堀切川・鰯川の三つの川に囲まれた独立丘陵上にあって、最高所の本郭を中心として、山の稜線部には馬蹄形に曲輪(くるわ:平地)が展開しています。

 中央を南北にとおる風呂ヶ谷をとり囲むように、本郭から西は西第二から西第十までの九つの曲輪が、東は東第二から東第四、古城から古城第四の七つの曲輪が、さらにその南には新城の曲輪群が、階段状に連なっています。

jpeg

城の歴史

 城の築城の年代は不明ですが、主に天文後期から永禄期、天正期(1500年代後半頃)にかけて機能していました。当地域は当時、伊予(現愛媛県)と土佐(現高知県)の国境地帯にあって、黒土郷河原渕領(くろつちごうかわらぶちりょう)と呼ばれていました。永禄期の城主としては、河原渕教忠(かわらぶちのりただ)の名が残っていますが、この城主は、土佐一条氏一門から養子として入っています。

 長宗我部氏の四国統一への動き、また天正13年(1585年)の秀吉による四国平定を経て、当地域を含む宇和郡は、戸田氏、藤堂氏、冨田氏へと支配が移っていきます。特に藤堂高虎の時代には、河後森城の天守が板島城(現在の宇和島城)に移築されたという伝承が残っています。

 慶長19年(1614年)、伊達秀宗(だてひでむね)が、宇和島藩を創立すると、付家老の桑折(こおり)氏が居城したといわれ、その後詳細は不明ながら、元和元年(1615年)の一国一城令の発布によって廃城になったと考えられます。

城までの交通アクセス

★JR予土線松丸駅下車、城の北側の永昌寺口(石碑が目印)から登城

★松山自動車道西予・宇和ICから宇和島方面へ約40㎞、城の南側の風呂ヶ谷口(駐車場あり)から登城

※パンフレットおよび概要図などについては下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

松野町教育委員会教育課(文化財係) 〒798-2192 愛媛県北宇和郡松野町松丸343番地

電話:0895-42-1118、FAX:0895-42-1391、e-mail:i-kamezawa@town.matsuno.ehime.jp