ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・災害情報 > 平成30年7月豪雨災害での罹災証明及び税務相談について
町長メッセージ
ライフライン
施設運営状況
コミュニティバスの運行情報
災害支援情報

平成30年7月豪雨災害での罹災証明及び税務相談について

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月21日更新

平成30年7月豪雨災害での罹災証明書発行及び税務相談を受け付けています。

 役場町民課では、7月の豪雨災害で罹災した方に罹災証明書を発行しています。まだ申請がお済みでない方は、お早めに申請をお願いします。

 罹災証明書(住家分)は、支援金や損害保険などの判断材料の一つとして使用されるものです。

 申請された住所等に対して調査員がお伺いし、聞き取りや現場確認をし、後日証明書を郵送で送付します。

 また、今回の豪雨災害での税及び保険料について相談を受け付けております。相談の結果「納付が困難」と認められる場合は、「罹災程度」に応じて「減免」や「徴収猶予」となる場合がありますので、必要資料を持ってまずはご相談ください。

【相談窓口】

 役場町民課

【相談時間】

 開庁時間(8時30分から17時15分)

【相談においての必要資料等】

 ・今回の災害での損害額が分かる資料(収支表や仕事に使う道具の修繕費など)

 ・保険等で補てんされる場合、内容が分かるもの(例:保険金、支援金など)

 ・罹災証明書

 ※ 不明な点や質問などあれば下記へご連絡ください。

【問い合わせ先】

 町民課税務・保険グループ(役場1階) ☎ 42-1112