○松野町役場事務決裁規程

平成25年5月1日

訓令第15号

松野町役場事務決裁規程(平成11年訓令第2号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 松野町役場における事務の決裁は、別に定めるものを除くほか、この規程の定めるところによる。

(用語の定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 専決 町長の権限に属する事務の処理について、常時そのものに代わり意思の決定をすることをいう。

(2) 代決 町長又は専決者の不在のとき、又は事故があるとき、若しくは欠けたとき、一時的にそれらの者に代わって意思の決定をすることをいう。

(3) 調定決議、支出負担行為決議 予算の執行又は収入あるいは支出を伴う行為に対して、あらかじめ必要な決裁者の意思決定をいう。

(4) 収入、支出の命令 前号に基づく執行の結果、必要となった収入又は支出の措置を命ずる決裁者の意思をいう。

(決裁の順序)

第3条 事務の処理は、原則として主任、班長、課長を経て町長の決裁を受けなければならない。ただし、他の課に関係のある事項は、受裁に先立って関係課の合議を経ていなければならない。

2 決裁は、事前にこれを受けなければならない。

(専決者)

第4条 課長は、この規程の定めるところにより、事務を専決する。

(代決者)

第5条 町長が不在のときは、総務課長が代決する。

2 総務課長が不在のときは、主管課長が代決する。

3 課長が不在のときは、班長が代決する。

4 課長及び班長がともに不在のときは、所管の主任がその事務を代決する。

(専決及び代決の除外)

第6条 次に該当するものは、専決の範囲に含まれる事項であっても町長の決裁を受けなければならない。

(1) 新規又は異例に属し、将来の重要な先例となるもの

(2) 紛議、論争にわたるもの又は処理の結果、紛議を起こすおそれのあるもの

(3) 疑義あるもの又は合議のととのわないもの

2 前項各号のほか、次に掲げる事項については、町長の決裁又は意思の確認を得た後でなければこれを処理してはならない。

(1) 町の基本計画及び事業計画の決定

(2) 新規事業の実施及び既定事業の重要な変更に関する事項

(3) 町議会の招集

(4) 条例、予算及びその他の議案の決定

(5) 規則及び訓令の制定並びに改廃

(6) 権限の委任

(7) 人事に関する決定

(8) 訴訟及び不服の申立て

(9) 町の境界変更及び大字の区域又は名称の変更

(10) その他、町長の個別の意思決定又は意思の確認が必要であると認められる重要事項

(課長の専決)

第7条 課長が専決する事項は、次による。

(1) 別に定めるものを除くほか、課の職員又は課が所管する施設の職員(以下「課員」という。)の事務分担

(2) 課長以外の職員の2日以内の有給休暇。ただし、一時に多数の職員に休暇を与えるときは、あらかじめ町長の指示を受けなければならない。

(3) 課員の時間外勤務命令

(4) 財産及び営造物の使用許可並びに使用料の減免

(5) 請負工事の中間検査

(6) 公簿の閲覧及び謄抄本の交付

(7) 公簿による諸証明及び調査、回答

(8) 各種標識等の交付

(9) 軽易又は常例事項の副申

(10) 無線放送の放送内容及び広報紙の原稿

(11) 各種統計資料の収集

(12) その他、軽易又は常例事務の処理

(13) 町税、地方譲与税、利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、地方消費税交付金、特別地方消費税交付金、自動車取得税交付金、地方特例交付金、地方交付税、交通安全対策特別交付金、分担金及び負担金、財産収入、寄附金、繰入金、繰越金、町債及び特別会計における国民健康保険税の収入命令書

(14) 法令又は条例等に基づく使用料及び手数料、国庫支出金、県支出金、諸収入及び特別会計における療養給付費交付金、共同事業交付金、診療収入、事業収入又は支払基金交付金の調定兼収入命令書

(15) 町税、その他の徴収金の督促及び公示送達

(16) 過誤納金の整理及び還付命令

(17) 官公署等の嘱託に基づく公金の徴収

(18) 定められた報酬及び賃金、報償費の支出負担行為兼支出命令書

(19) 7日以内の臨時職員の雇用

(20) 課長以外の職員の2日以内の県内及び高知県四万十市の旅行命令、復命の受理並びに旅行命令書及び支出命令書

(21) 需用費(食糧費を除く。)、使用料及び賃借料、原材料費、備品購入費、負担金、補助及び交付金(退職手当組合負担金を除く。)、扶助費の1件につき300,000円に満たないものの支出負担行為兼支出命令書

(22) 食糧費1件につき30,000円に満たないものの支出負担行為兼支出命令書

(23) 役務費、委託料、1件につき300,000円に満たないものの支出負担行為兼支出命令書。ただし、設計監理委託料及び登記手数料は1件につき50,000円未満の支出命令書

(24) 工事請負費及び公有財産購入費1件につき50,000円に満たないものの支出負担行為兼支出命令書

(25) 公課費、繰出金の支出負担行為兼支出命令書

(26) 補償、補填及び賠償金の支出命令書

(総務課長の専決)

第8条 総務課長が専決する事項は、前条に掲げる課長共通の専決事項のほか、次による。

(1) 当直の勤務命令

(2) 公印の保管

(3) 公告又は掲示

(4) 文書の収受、発送及び配布の方法

(5) 共通帳簿の様式

(6) 予算の配当

(7) 庁内電話の配置及び管理

(8) 庁舎及び庁用自動車の管理並びに使用

(9) 共用備品の配置及び使用

(10) 不用品の売却

(11) 庁内、構内の取締り及び清掃

(12) 庁舎及び附属施設の修繕

(13) 3か月以内の臨時職員の雇用及び賃金の決定

(14) 時間外勤務手当の支給認定

(15) 講演、講習会等の開催及び後援

(16) 地方譲与税、利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、地方消費税交付金、特別地方消費税交付金、自動車取得税交付金、地方特例交付金、地方交付税、交通安全対策特別交付金、繰入金、繰越金の調定

(17) 管理職手当、扶養手当、通勤手当、住居手当及び児童手当の支給認定

(18) 課長及び課員に支給する定められた給料、職員手当等(期末勤勉手当を除く。)及び共済費の支出負担行為兼支出命令書

(19) 職員に支給する定められた期末勤勉手当の支出命令書

(20) 課長の県内及び高知県四万十市の旅行命令、復命の受理並びに旅行命令書及び支出命令書

(21) 定められた退職手当組合負担金並びに市町村職員互助会負担金、償還金、利子及び割引料の支出負担行為兼支出命令書

(22) 職員の服務及び課長の2日以内の有給休暇。ただし、一時に多数の職員に休暇を与えるときは、あらかじめ町長の指示を受けなければならない。

(23) 予備費の充用書

(24) 予算費目の流用書

(25) 食糧費1件につき30,000円以上100,000円に満たないものの支出負担行為兼支出命令書

(26) 収入、支出の更正及び振替

(27) 歳計外現金の収入、支出命令書

(専決事項の表示)

第9条 専決した文書で上司の不要となる決裁又は命令押印欄には専決者においてインク、ボールペン又はゴム印で斜線(右上り)を入れて専決事項であることを表示しなければならない。

(代決事項の処理)

第10条 代決者は、代決した文書の決裁押印欄に代決印を押す。ただし、代決した事項のうち重要なものについては、代決後速やかにそのてん末を上司に報告しなければならない。

附 則

この訓令は、平成25年5月1日から施行する。

附表

予算の収入科目による決裁基準表

調―調定

収―収入命令

決裁区分

収入科目

町長

専決

備考

総務課長

所管課長

町税

調



地方譲与税


調


利子割交付金


調


地方消費税交付金


調


特別地方消費税交付金


調


自動車取得税交付金


調


地方特例交付金


調


地方交付税


調


交通安全対策特別交付金


調


分担金及び負担金

調



使用料及び手数料



調収


国庫支出金



調収


県支出金



調収


財産収入

調



寄附金

調



繰入金


調


繰越金


調


諸収入



調収


町債

調



国民健康保険税

調



療養給付費交付金



調収


共同事業交付金



調収


診療収入



調収


事業収入



調収


支払基金交付金



調収


予算の支出科目による決裁基準表

決―支出負担行為

命―支出命令

決裁区分

支出科目

町長

専決

備考

総務課長

所管課長

1 報酬



決命

支給伺(各課)

2 給料


決命


発令伺(総務課)

3 職員手当等

期末、勤勉


支給伺(総務課)

管理職、扶養、通勤、住居、宿日直、研究技能、夜勤、当直


決命


受給資格承認伺、支給開始各課通知(総務課)

時間外勤務


決命


支給認定(町長)

児童


決命


支給認定(町長)

4 共済費


決命



5 災害補償費

決命




7 賃金



決命


8 報償費



決命


9 旅費

県内

課長


決命


本人又は課長においてその必要を認めたときは、「伺簿」によらないで別途町長に対する復命をしなければならない。

課員



決命

県外

課長

決命



課員

決命








10 交際費

決命




11 需用費

食糧費

決命

100,000円以上

決命

30,000円~100,000円未満

決命

30,000円未満


上記以外

決命

300,000円以上


決命

300,000円未満


14 使用料及び賃借料

16 原材料費

18 備品購入費

12 役務費

13 委託料

下記以外

設計委託料

登記手数料

50,000円以上


50,000円未満


19 負担金、補助及び交付金

退職手当組合負担金


決命


新規加入承認伺(総務課)

上記以外

決命

300,000円以上


決命

300,000円未満


20 扶助費

15 工事請負費

50,000円以上


50,000円未満


17 公有財産購入費

22 補償、補填及び賠償金



23 償還金、利子及び割引料


決命



21 貸付金

決命



高額療養費貸付金については所管課長

24 投資及び出資金

決命




25 積立金

26 寄附金

27 公課費



決命


28 繰出金

予備費


決命



松野町役場事務決裁規程

平成25年5月1日 訓令第15号

(平成25年5月1日施行)