○松野町山村開発町民センターの管理運営に関する規則

昭和52年5月20日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、松野町山村開発町民センター設置条例(昭和52年条例第5号。以下「山村開発町民センター条例」という。)第14条及び松野町山村開発町民センター運営協議会条例(昭和52年条例第6号)第8条の規定に基づき、松野町山村開発町民センター(以下「町民センター」という。)の管理及び運営の基本的事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 開館時間は、午前8時30分から午後10時までとする。ただし、特別の事情によりあらかじめ館長の許可を受けたときは、この限りでない。

2 前項の規定にかかわらず、管理に関する事務取扱は午後5時までとする。

(資料の利用)

第3条 町民センターの図書、記録その他備付する資料(以下「資料」という。)を館内で利用しようとする者は、館長が別に定める手続きを経なければならない。

2 資料を館外に持ち出そうとする者は、館長が別に定める手続きにより許可を受けなければならない。

(施設及び設備の利用)

第4条 山村開発町民センター条例第5条の規定により、施設及び設備の使用許可を受けようとする者は、使用する日の2日前までに町民センター使用額(別記様式)を館長に提出しなければならない。

2 館長は、前項の許可を与える場合において、必要な条件を付することができる。

(使用上の注意)

第5条 使用者は、会場に特別の設備をなし、又は備付以外の器具を使用するときは、あらかじめ館長の許可を受けなければならない。

第6条 使用者は、町民センター職員又は勤務時間外においては、本町役場日宿直者(以下「管理職員」という。)の指示に従い、火災予防、衛生保持及び危害損傷防止等の処置を講じなければならない。

第7条 会場の準備、湯茶、冷暖房等すべてについては、管理職員の指示により使用者においてこれを行い、使用後は確実に消火戸締を確め、会館を原状に復して整理、整頓、清掃をなし、管理職員に届出検収を受けなければならない。

第8条 管理職員は、町民センターの使用について内容その他につき随時立会いすることができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

松野町山村開発町民センターの管理運営に関する規則

昭和52年5月20日 規則第2号

(昭和52年5月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・水産
沿革情報
昭和52年5月20日 規則第2号