○松野町隣保館管理規則

平成12年3月30日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、松野町隣保館設置及び管理に関する条例(平成12年条例第35号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(運営管理主体)

第2条 隣保館は、松野町が運営し管理する。

(隣保館運営方針)

第3条 隣保館の運営は長期計画のもとに、地域住民が積極的に利用できるようにしなければならない。

(職員及び任務)

第4条 条例第4条に定める職員の業務分掌及び任務は、次のとおりとする。

(1) 館長は、非常勤とすることができる。

(2) 館長は、町長の命を受け隣保館の業務を総理し、かつ、所属職員を指導監督する。

(3) その他の職員は、館長の命を受けて事務に従事する。

(使用許可の申請)

第5条 隣保館を使用しようとするものは、隣保館使用願(様式第1号)を原則として町長に提出しなければならない。

2 町長は、隣保館の使用を許可するにあたって、管理上必要と認めるときは、その許可に条件を付することができる。

(使用の許可)

第6条 町長は、前条の使用を許可したときは、隣保館使用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(使用料の納入)

第7条 使用料は、使用の許可を受けたときは、直ちに本町会計管理者に前納しなければならない。

(運営審議会)

第8条 隣保館運営審議会(以下「審議会」という。)は、町長の諮問に応じ、次の事項について調査審議するものとする。

(1) 年次計画の企画審議

(2) 各種相談事業の指導

(3) 資料の収集及び研究

(4) その他必要な事項

(組織)

第9条 審議会の委員は15人以内とし、次の各号に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 地域住民の代表者

(2) 学識経験者

(3) 教育関係者

(4) 社会福祉協議会の代表者

(5) 町関係者

(6) その他町長が認めた者

2 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 委員に欠員が生じた場合は、町長が別に委員を委嘱し、その任期は前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第10条 審議会に会長及び副会長各1名を置き、委員互選によりこれを定める。

2 会長及び副会長の任期は、委員の任期による。

3 会長は審議会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、その勤務を代行する。

(会議)

第11条 審議会は、会長が招集し、会長が議長となる。ただし、委員の委嘱後最初に招集する審議会は町長が承認する。

2 審議会は委員の過半数の出席がなければ会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(その他諸規則の準用)

第12条 この規則に定めるもののほか、隣保館の事務処理等に関して必要な事項は、町の諸規則を準用する。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 松野町隣保館運営管理規則(昭和54年規則第2号)は、廃止する。

附 則(平成19年4月1日規則第4号)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年7月2日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年2月19日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

松野町隣保館管理規則

平成12年3月30日 規則第14号

(平成25年2月19日施行)