○松野町若者定住促進条例施行規則

平成12年3月27日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、松野町若者定住促進条例(平成12年条例第11号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(申請及び決定)

第2条 条例第2条第1項に規定する奨励措置(以下「奨励措置」という。)を受けようとする者(以下「申請人」という。)は、奨励金等交付申請書(様式第1号~第4号のうち該当するもの。以下「申請書」という。)を、町長に提出するものとする。

2 条例第2条第1項第1号及び第3号第4号に係る申請書には、申請人及び保証人が記名押印した誓約書(様式第5号)と、申請人の納税証明書を添付しなければならない。

3 前項の保証人は、申請人と同居する者以外の者で、松野町に定住する満25歳以上の者とする。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

4 条例第3条で規定する資格要件の年齢は、結婚祝金においては結婚の届出をした日、出産祝金においては第3子以上を出産した日、若者定住住宅建築奨励金においては申請書提出日を基準日とする満年齢とする。

5 町長は、申請書の内容が適当であると認めたときは、若者定住奨励金等交付決定通知書(様式第6号。以下「決定通知書」という。)により、不適当と認めたときは、若者定住奨励金等交付却下通知書(様式第7号)により、申請人に通知するものとする。

6 前項の決定通知書を受けた申請人は、若者定住促進奨励金等請求書(様式第8号、若者定住住宅建築奨励金については様式第9号。以下「請求書」という。)を町長に提出しなければならない。ただし、若者定住住宅建築奨励金については、住宅新築工事が完成若しくは新築住宅を購入し、当該住宅に入居した日以後40日以内に、請求書を提出するものとする。

7 若者定住住宅建築奨励金については、請求書の提出の日までに、条例別表第2(第3条関係)若者定住住宅建築奨励金資格要件アに該当する者は、松野町の住民基本台帳に登録し、イに該当する者は結婚の届出をしておかなければならない。この場合において、上記に該当する者は、住宅完成までに松野町に転入すること又は結婚することを、申請時に書面で確約するものとする。

(申請時期)

第3条 前条第1項に規定する申請書の提出期間は、次のとおりとする。

(1) 結婚祝金 結婚の届出が受理され、夫婦ともに住民基本台帳に登録された日から3箇月以内

(2) 結婚仲人報奨金 結婚の届出が受理され、夫婦ともに住民基本台帳に登録された日から3箇月以内

(3) 出産祝金 出産から6箇月経過した日から3箇月以内

(4) 若者定住住宅建築奨励金 住宅の工事着手予定日以前の3箇月間又は購入予定日以前の3箇月間

(審査委員会)

第4条 条例第9条に規定する審査委員会(以下「委員会」という。)は、委員10名以内とし、町長がこれを委嘱する。

2 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選により選任する。

4 委員会は必要に応じて町長が招集する。

5 委員会は委員の過半数以上の出席で成立し、委員長が議長に当たる。

(奨励金等の交付時期)

第5条 奨励金等の交付時期は、奨励金交付決定通知後、申請人からの請求書を受理した日から40日以内とする。

(返還命令)

第6条 町長は、奨励金等の交付を受けた者が、条例第6条の規定に該当すると認めた場合は、若者定住奨励金等返還命令書(様式第10号)により該当者に通知するものとする。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成12年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

松野町若者定住促進条例施行規則

平成12年3月27日 規則第10号

(平成12年3月27日施行)