○松野町10人乗りバス運行管理要綱

平成7年7月1日

要綱第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、10人乗りバス(以下「バス」という。)の有効適正な管理、運行を確保するため、その使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用団体等)

第2条 バスは、町が自ら使用し、又は共催する事業の用に供する場合(以下「公用使用」という。)のほか、次の各号に該当する団体(以下「団体」という。)がその目的達成のため必要がある場合に運行することができる。

(1) 社会福祉団体

(2) 社会教育団体

(3) 前2号に定めるもののほか、町が育成する団体

(4) その他行政運営上、町長が特に必要と認めた団体

(使用手続)

第3条 前条の規定により、バスの使用許可を得ようとするものは、公用使用にあっては主管課等の長が、団体が使用する場合にあってはその代表者が関係課等の長を通じて、総務課長にバス使用申込書(様式第1号)を使用する日の14日前までに提出して、その許可を受けなければならない。

2 前項の規定により許可をした後において、緊急にバスの必要が生じたときは、総務課長はその許可を取り消し、又は必要な調整を行うことができる。この場合において、総務課長は、速やかにその内容を当該申込者に通知するものとする。

(運行)

第4条 バスの運行区域、運行時間及び運転者は、次のとおりとする。ただし、公用使用及びこれにより難い特別の事由があり町長が特に認めた場合にあっては、この限りではない。

(1) 運行区域は、日帰り可能な区域とする。ただし、特別な場合は、2泊3日以内で往復できる区域を含むものとする。

(2) 運行時間、距離は、過労運転等を防止するため、原則として本庁の執務時間内とし、実運転時間は1日当たり6時間、実運転距離は300kmを限度とする。

(3) 運転資格は、大型免許取得者又は普通免許取得後5年以上経過している本町職員とする。

(4) 運転者は、運行前点検を実施し、使用後は車両の洗車と車内を清掃し格納するとともに、運転日報(様式第2号)に記載するものとする。

(その他)

第5条 この要綱に定めるもののほか、バス運行管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月30日要綱第10号)

(施行期日)

1 この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

(様式に関する経過措置)

2 この要綱の施行の際現にある第1条の規定による改正前の松野町バス運行管理要綱及び第2条の規定による改正前の松野町10人乗りバス運行管理要綱による様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、それぞれこの要綱による改正後の様式によるものとみなす。

3 この要綱の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

画像

画像

松野町10人乗りバス運行管理要綱

平成7年7月1日 要綱第2号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成7年7月1日 要綱第2号
平成19年3月30日 要綱第10号